消費者信用産業と呼ばれる業界の仕組みと融資リスク軽減方法

クレジットカードや消費者金融、銀行のローンサービス、割賦販売の信販会社などは、消費者信用産業と呼ばれる業種となり、顧客となる消費者の信用を担保にして現金の貸し付けを行います。これにより、顧客は分割払いによる高額商品の購入が気軽に行える仕組みとなり、そこから発生する手数料が主な収入源となります。

例えば、自動車を購入する場合には、銀行のマイカーローンサービスや、自動車販売店が提携を結んでいる信販会社の割賦販売を利用できるので、購入時点で商品購入代金がない場合でも、分割払いで気軽に購入することが可能です。

顧客の信用を担保にしているので、これらのサービスを受ける場合には審査を受ける必要があります。顧客の収入状況から財産状況、過去に消費者信用産業のサービスを受けていた場合には当時の返済状況などが対象となり、これらの情報を元に各金融機関が融資を行うのかが判断されます。

クレジットカードや消費者金融の場合には、融資額が比較的小さいので、審査自体は緩いものになりますが、住宅ローンやマイカーローンといった高額商品の割賦販売に関しては、金額が大きくなることから長期的返済となってしまい、金融機関のリスクが大きくなることから審査が厳しくなっています。

このようなリスクを軽減させるために個人信用情報機関が登場しており、これは顧客の返済状況や現在の融資額などをデータベース化しており、金融機関が自由にアクセスを行うことが出来ます。つまり、審査の時点で信用が出来るのか、過去に他社で金融事故を引き起こしていないのかを確認することが可能なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ