消費者信用システムによる経済システムを回転させる仕組みとは

消費者信用システムとは、経済システムの一環で、顧客の信頼を担保に現金を融資するサービスを行う産業の事です。このシステムの登場によって、顧客は高額商品を購入する際には分割による支払いが可能となったので、購入率アップへと繋がっています。

商品を販売する企業側としても、比較的売り上げを容易に伸ばせるようになりました。
主にクレジットカードや消費者金融、販売信用や銀行のフリーローンなどが該当し、クレジットカードや販売信用では顧客に直接現金の融資を行わずに、店舗と契約を結ぶことで、商品代金を肩代わりをしてもらう仕組みになります。

信頼を担保としているので、信用問題が消費者信用システムの中で重要な要素で、申し込む際には審査が行われます。ここでは3Cと呼ばれる3つの要素が審査対象となり、収入状況、現時点での財産状況、顧客の過去の返済実績が該当します。

これにより、信頼度合いに対して評価が行われ、評価に応じて融資枠の設定などが決定されます。そのため、一流企業に勤めている場合には収入状況が大きく見込めることから、融資枠が拡張されるのに対して、アルバイト勤めの場合には不安定な収入状況から融資枠が低く設定されます。

また、信用実績では個人信用情報機関に登録されているデータが参照されるものであり、過去に他社から融資を受けた際に、滞納などが原因で強制解約などが行われたなどといった情報も保管されているので、返済に関する状況を見ることが可能です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ