消費賃借契約による現金の融資と信用問題とは

消費賃借契約とは、将来の完済を約束した上で現金を融資してもらう契約のことです。主にクレジットカード、消費者金融、販売信用、銀行のローン契約などが該当し、現金を借りて消費することを前提に、借りたものと同じ金額で返済することを約束するので、金銭消費賃借契約と呼ばれています。

基本的には顧客の信用に応じて無担保にて融資を行うので、審査が必要です。顧客の返済能力、顧客の信用、顧客の所有している財産などが評価を行う対象とされています。このうち、顧客の信用に関しては過去の他社での取引状況が関わるものであり、個人信用情報機関にて他社での取引状況が記録されています。

これにより、過去に他社で滞納を行っていたり、消費者金融を複数利用して多重債務になり、自己破産をしてしまったなどの金融事故の情報を管理しています。

これらの情報をクレジットカード会社や消費者金融、信販会社、銀行などがチェックを行う事で、新規に申し込みがあった場合には個人信用情報機関のデータベースと照らし合わせ、過去に真面目に返済を行っていれば信用を行う事が可能になるのです。

消費賃借契約には利用規約という形で申し込む際に顧客に渡されるもので、これに同意を行う事で、契約が結ばれます。内容としては貸付日や債権者と債務者、利息の計算方法から滞納を行った際の対応など、今後トラブルが発生しそうな項目にルールが設定されており、このルールの範囲内で利用することになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ