商品引き上げと呼ばれるシンプルな債権回収方法

商品引き上げとは、企業間取引の際に納品した企業が債務不履行に陥った際に、代金が支払えない状況に商品を提供した企業が、引き渡した商品を回収することです。これにより、融資を行った債権を回収すれば、リスクを負う恐れがありません。

債務不履行にも様々なパターンが存在しており、取引先の企業が倒産してしまった場合や単に支払いを行わなかったなどさまざまで、取引を行う際に契約書を結ぶことが重要になります。

契約書の内容としても、納品後に代金が支払われない場合には、返還を求めるなどでお互いに同意を行えば、裁判などでも有効な書類として判断されます。商品引き上げによるトラブルが生じた場合でも、同意をしたことで債権回収のために執行したと言える訳です。

もし、契約書を交えずに商品の引き渡しを行った場合には、所有権自体は相手方にあるので、債権回収のために商品を回収すると窃盗罪に問われることになり、相手企業の倉庫などに侵入した場合は侵入罪に問われることになるのです。そのため、契約は必要であり、倉庫などに踏み込めないケースには裁判所の力を使うことで差し押えが可能になります。

比較的シンプルな債権回収方法になるので、債務者の協力が必要です。契約書に同意をすることで、債務者が支払い不能に陥ったから回収して欲しいなど、お互いにルールを決めておかなければなりません。債務者が自己破産をしてしまった場合には、押収した商品の返品が求められるケースもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ