商品引き取りによる債権回収方法の仕組みとは

商品引き取りとは、企業間での取引を行っている際に相手の会社の債務不履行によって、提供された品物の代金を支払えない状態に、品物を提供した会社に決済が行えなかった品物を引き取ってもらう事です。

これにより、品物を提供した企業には品物が返却されたことによって債権が回収できるものになり、比較的シンプルな債権回収方法になります。
この商品引き取りを行う際には双方の会社が契約書を結ぶ必要があり、債務不履行になって代金が支払えない状況になったら、商品を引き取る内容で同意を行います。

これにより、企業間での取引が開始されます。もし契約を結んでいなかった場合には、納品先の企業に所有権が移ってしまうので、商品を提供した企業が商品代金を支払わないから強制的に商品を回収しようとしても窃盗罪となり、保管している会社や倉庫に踏みいった場合には、侵入罪なども該当してしまいます。

そのため、お互いに同意したことを示す契約書の効力が発揮されるものになり、裁判所でも認められるので、債務不履行に陥った企業が商品の返品に応じなかった場合には、裁判所の許可の元で強制差し押えを行う事が可能です。

また、お互いの企業で引き取りに関するトラブルが生じたとしても、契約書の同意の下で行っていたと主張出来るので、裁判沙汰になったとしても有効な書類として認められるわけです。このようなトラブルなどを避けるためにも、取引を行う前に契約書が必要になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ