商品付帯役務による商品とサービスの提供方法とは

商品付帯役務とは、商品とサービスをセットにした販売方法です。例えば、英会話教室というサービスを受けるために教材を販売する手法であり、支払時に割賦販売やローン販売の際には、契約書面に「当該役務に関する事項を契約書面に記載すること」が定められています。

クレジットカードには、フリークエント・ユーザーズ・プログラムと呼ばれる仕組みが採用されています。

クレジットカードというサービスを受ける際には、利用に応じて貰える商品や特典などが貰えるキャンペーンなどが行われており、また、クレジットカードを所有していることで、所有優遇と呼ばれる指定されたホテルの割引や、保証サービスなどを受ける事が可能です。

これを目的にクレジットカードを契約する人などもおり、また、消費者からしてみれば、この所有優遇や特典などを目当てにしてクレジットカードの選択を行う人もいるのです。

このように、サービスと商品が関係するサービスは他にも存在します。携帯電話の場合であれば、携帯電話本体は商品、通信回線などはサービスに該当するので、これを2年間の契約でセット販売を行っています。これにより、携帯電話本体の代金を割引にすることが出来るので、契約数を増やすためにこのような手段が行われています。

また、携帯電話会社が発行するクレジットカードを作れば、付与されるポイントがさらに上乗せで獲得できたり、クレジットカードの保険に携帯電話のトラブルにまつわる保険などが搭載されたりしています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ