初回金と呼ばれる支払金額と初年度の年会費

初回金とは、クレジットカードでの分割払いや消費者金融での支払いの際に、1回目に該当する支払い金額の事です。利息の計算方法としても、2回目以降では1ヶ月丸ごと計算を行いますが、1回目の場合にはいつ利用したのかで利息の計算が異なるので、1ヶ月単位ではなく日割り計算にて算出が行われます。

これにより、初回金として2回目以降の支払いとは異なる利息の計算算出になるので、支払金額が低くなる仕組みになります。クレジットカード以外に、携帯電話や公共料金の支払いなどでも利用した日からのカウントになるので、低く見積もられるものになり、2回目以降から最終完済日までは1ヶ月単位での利用計算が行われています。

長期的に支払いが必要なサービスなどで行われている方法ですが、クレジットカードの一括払いや2回払いを行う際には、手数料が発生しないことから初回金と2回目の支払金額が同じになります。

また、クレジットカードの年会費などでも、初年度の支払い額と2年目の支払い額が変わってしまうこともあります。

多くのクレジットカード会社では、キャンペーンの一環として初年度の年会費無料と打ち出しているところが多く、気に入って貰えれば2年目に突入してもらい、気に入らなかったら年会費無料の1年目で解約を行ってもらうといった狙いなどもありますが、顧客としてはお試しのつもりで年会費無料サービスを享受しているのです。

学生カードの場合には、学生時代は年会費無料の会社も多く、学生時代に利便性を知ってもらう狙いがあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ