ショッピング売上高と呼ばれるクレジットカードの利用額とは

ショッピング売上高とは、クレジットカードの利用金額の内で買い物に利用した金額の事を指します。クレジットカードにはショッピング枠以外にキャッシング枠の設定も行われており、利用者はショッピング枠とキャッシング枠の両方を、指定された支払い日に支払う事になります。

これを分ける理由はクレジットカード会社側の問題であり、キャッシング枠の利用の場合には発行している会社が利用者に対して直接融資を行うのに対し、ショッピング枠の利用の際には加盟店に商品代金を支払う必要があります。

また、加盟店契約を行うアクワイアラーと呼ばれる会社、国際ブランドを提供するブランドと呼ばれる会社、クレジットカードを発行しているイシュアーと、3つの業態で成り立っているビジネスになります。

そのため、加盟店から得た手数料は3社に分けられることになり、その計算を行うためにキャッシング枠とは別にショッピング枠での利用金額を分ける必要があるのです。ショッピング売上高を算出することで、加盟店への利用金額の計算を行うとともに、イシュアー、アクワイアラー、ブランドとの手数料の分配も行います。

このようなクレジットカードビジネスの関係になっていることから、昨今ではイシュアーとアクワイアラーが同じクレジットカード会社になっているケースが多くなっています。手数料の取り分なども多く取れるメリットから、クレジットカードに関するトラブルが生じた際には即座に対応が出来るのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ