ショッピングカードと呼ばれる決済方法の特徴

ショッピングカードとは、買い物を目的に利用することが出来るもので、決済を行う際には現金を利用せずに支払いを行うことが可能です。主にクレジットカードや商業施設が発行するギフトチケット、電子マネーなどが該当します。

クレジットカードの場合にはショッピングモールやスーパー、コンビニなどの提携として発行するものが多くなっており、指定された店舗やチェーン店で利用する場合には、ポイントが付与されるなどの特典がつく場合があります。

昨今ではクレジットカードと電子マネーが一体型になったものが登場しており、利用すれば電子マネーのポイントとして加算されることで、ポイントによる支払いも可能です。

ショッピングカード自体は顧客の囲い込みの一環で行われており、ギフトチケットや電子マネーなどでは、発行している企業の店舗や提携を結んでいる企業でのみ利用可能になっています。

また、現金をギフトチケットや電子マネーに換金してしまえば、限定された使い道しかなくなってしまうというデメリットも存在しています。しかし、ポイントサービスが受けられるなどの特典があることから、限定された店舗での買い物を目的としている場合にはお得に使えるのです。

クレジットカードの場合には、国際ブランドを搭載していることから、他業種やライバル店舗などでも利用することが可能ですが、限定された店舗でしかポイントが貯まらないなどといった、付与されるお得の一面で不利があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ