ショッピング機能とキャッシング機能の違いとクレジットカード現金化

ショッピング機能とは、クレジットカードの基本的な使い方の一つで、買い物を行う際にクレジットカードを使うことで現金を使わずに商品やサービスの決済を行うことが可能です。支払代金に関しては、後日にまとめて請求が行われるので、商品の購入時やサービスを受ける際に現金を持ち歩かなくて良いというメリットがあります。

基本的には買い物時にしか利用できない機能であり、利用者が直接現金を借りたい場合には、キャッシング機能と呼ばれるもう一つの機能を使う事になります。キャッシング機能の場合にはショッピング機能とは異なる審査が必要となるので、クレジットカードを所有しているからといって、必ずしも利用できる機能ではありません。

審査基準は高めに設定されているので、クレジットカード会社からある程度の信用を得ないと利用することが出来ません。

そのため、現金を手にしたいが信用が低いのでキャッシングが利用できないという顧客をターゲットとした、クレジットカードの現金化などのビジネスが登場しており、町の小さな消費者金融などではクレジットカードで架空の商品を購入させて現金を渡すなどのサービスが横行しています。

このような使い方は規約違反に該当し、クレジットカード会社が知ってしまった場合には解約などが行われます。

また、現金化商品と呼ばれる高額商品をリサイクルショップやインターネットオークションにて売買をすることも認められておらず、あくまでも買い物の範囲での利用が求められています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ