クレジットカードで購入した商品の所有権の存在とは

所有権とは、物を自由に使用し、収益、処分する権利のことです。商品を購入した場合には権利は購入者にあるので、商品を自由に利用することが出来ます。

クレジットカードの利用に当たっては、所有権の存在が注目されます。クレジットカード自体の所有権はクレジットカード会社が所有しているものになり、利用者は貸し出してもらっているに過ぎません。

また、クレジットカードで商品を購入した場合でも、完済を行っていない状態では、クレジットカード会社が所有している財産と認められているので、完済するまでは自由に利用することが可能になりますが、処分する際の権利を持っていないのです。

例えば、クレジットカードで高額商品を購入して、リサイクルショップやインターネットオークションなどで売買を行って現金を手に入れた場合には、規約違反として強制解約が行われます。そのため、完済を行わない状態で売買を行う事が禁じられているわけです。

このような行為はクレジットカードの現金化とも呼ばれており、町の小さな消費者金融などが小売店などと競合して、顧客に指定商品をショッピング枠で購入させて、それを消費者金融に売らせることでその場で現金を入手することが可能であり、その商品は小売店に定価よりも安い金額で売ることで収益を出す仕組みになります。

この行為には一時的に現金を入手する手段として利用されていますが、翌月には請求が行われるので、多重債務に陥りやすいデメリットがあり、当然ながら規約違反になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ