信販事業を行う信販会社と販売会社とは何か

信販事業とは、販売店や信販会社が顧客に対して商品販売を行う際に、購入率を上げるために商品代金を貸し付けて割賦払いにて決済を行う事業の事です。主に高額商品などを取り扱う店舗などでは、店舗側が自ら債権者となる場合や提携を結んでいる信販会社がサービスの提供を行う場合があります。

特に自動車販売を手がけるカーディーラーなどに多く、なかなか一括で商品を購入できない場合には割賦販売にて売買を行うので、購入を希望する顧客としては比較的に買いやすくなるメリットがあります。

このような信販事業を行う企業の収益となるものは利息です。長期的に返済をすることを前提に代金を貸し付けているので、毎月の支払いには利息が発生します。この利息が収益源であり、高額商品を販売する場合には長期的に利息の回収が出来るメリットがあるので、販売店、販売会社が自ら信販事業を行うケースが少なくありません。

商品代金を貸し付けを行う際には審査が必要であり、顧客の信用を担保に融資を行いますので、きちんと返済が出来るのかどうかを調べなければなりません。そのために個人信用情報機関と呼ばれる審査機関があり、過去に他社でのクレジットカードや消費者金融での返済状況などがチェックされます。

もし、ここで過去の融資を受けていた際に返済の滞納などが目立った場合には、審査をクリアすることが出来ません。高額商品の割賦販売自体が拒否される場合もあるので、信用情報を管理することが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ