信用問題の重要性とクレジットカードの審査との関係

クレジットカードや消費者金融、割賦販売などの消費者信用産業においては、顧客の信用を担保に現金の融資を行っているので、信用が重要なものになります。

例えば、収入状況が安定していることや返済不能に陥った際には、担保となる財産を所有しているのか、過去に他のクレジットカード会社や消費者者金融から融資を受けた際に返済の滞納を行っていないのかが含まれています。これらの情報を元に評価が下される事になり、与信枠の設定などが行われます。

つまり、クレジットカード会社や消費者金融などの金融機関は、現金を融資するために顧客の信頼を重要視しているわけです。もし、返済不能に陥った場合には融資枠の回収ができなくなってしまうので、リスクを負うことになります。

そのため、過去の取引データなどを他の金融機関と共有することで、出来るだけリスクを軽減させる対策などが行われています。これにより、過去に支払いの滞納を行っていたことや自己破産などで借金をリセットしてしまった顧客のデータも管理されているので、新しく申し込みを行ったとしても審査の時点で拒否することが可能です。

また、逆に長期的にきちんと支払いを行って利用している顧客に対しては、信頼が出来ることから与信枠の拡張やゴールドカードの案内などが行われており、優良顧客として認められることになります。

このように信頼は重要なものであり、きちんと返済を行っていれば、高い評価を受けてよりよいサービスが提供されるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ