信用確認によるクレジットカードの与信枠の設定への変化

信用確認とは、クレジットカード会社や消費者金融、信販会社などの消費者信用産業業者が、融資の申し込みを行ってきた顧客を信用できる人間なのかを判断するための行為です。

個人信用情報機関によって他の金融機関での取引データを閲覧することが可能で、過去に他社の金融機関で融資を受けていた際に真面目に返済を行っていたのかを確認することで、これから融資を行うリスクを避けることが可能です。

そのため、他社のクレジットカードの利用で滞納を行っていたり、消費者金融の利用が原因で自己破産などを行ったりしていた場合には、信用が出来ない顧客だと判断できるので、申し込み自体を拒否する事ができます。また、クレジットカードや消費者金融を利用している顧客の状態を調べるモニタリングと呼ばれる途上与信も行われています。

真面目に返済を行っている優良顧客であれば、与信枠の拡張が行われて、ゴールドカードなどが案内されています。逆に支払いの滞納が目立つ顧客に対しては、多額の与信枠を設定していることへのリスクなどが考えられるので、利用中に与信枠の減少などが行われます。

そのため、信用確認には申込時の初回与信とサービスを利用中の途上与信の2種類があり、申し込んだ時点から常に利用状況をチェックされていることを頭の中に入れておかなければなりません。クレジットカード利用中での滞納が原因で他社への影響なども及ぼす可能性などもあり、金融機関同士で情報を共有しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ