信用管理による個人信用情報の取り扱い方とは

信用管理とは、クレジットカード会社や消費者金融、割賦販売を提供する信販会社などの金融機関が、顧客の信用状況を管理することです。顧客が利用している状況をモニタリングすることで、きちんと支払期日を守っているのか、クレジットカードはどの程度利用しているのかをチェックし、異常が発生した際にはすぐに対応することが出来ます。

また、個人信用情報機関を利用することで、他社で融資してもらっている債務の動向も確認しており、クレジットカード会社によっては自社での支払いの滞納などが無いにも関わらず、他社でのクレジットカードや消費者金融で滞納が発覚した際には融資を停止させるなどの2次リスク回避のために行動を取ります。

デメリット以外にもメリットがあります。モニタリングによるクレジットカードや消費者金融でのきちんとした返済や適度な利用を行っている場合には、優良顧客として認められるので信用してもらえます。

これにより、利用限度額の拡張やゴールドカードへの招待などが行われ、申込時よりも優遇されたサービスを受ける事が可能なのです。
クレジットカードや消費者金融などは消費者信用産業と呼ばれており、顧客の信用を前提に融資を行っているので、いつリスクが発生するのかが分かりません。

そのため、個人信用情報機関などを通して他社の金融機関と情報を開示しあうことで、信頼が出来ない顧客のブラックリストを共有しています。これにより、事前のリスク回避が可能なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ