信用限度額における与信枠の設定方法とは何か

信用限度額とは、企業の取引や消費者信用の顧客などを信用して設定される融資額の事であり、与信枠とも呼ばれています。主に銀行やクレジットカード会社、消費者金融などの金融機関で行っており、限度額には2種類があります。

初回与信では申し込みの段階で信用が判断されるもので、申込時に記入した書類をベースに与信枠が設定されます。この際には返済能力、所有財産、返済する性格なのかの3つが判断材料となっており、職業や就労先によっても融資枠が異なる判断が行われます。

途上与信では融資を利用中に行われる審査であり、きちんと返済を行っているのか、利用ペースは的確なのかを判断して限度額が設定されるのです。

これにより、クレジットカードであれば、長年真面目に返済を行っていればショッピング枠、キャッシング枠の拡張などが行われることになり、逆に返済の滞納などが目立っていた場合には与信枠が縮小され、最悪としては強制的に解約されることもあるのです。

また、個人信用情報機関には他の金融機関からの融資を確認することが出来るので、新規に申し込む場合には他社での返済状況や信用情報、利用中の顧客であれば、同時期に利用している他社の融資の返済状況などもチェックの項目として利用されています。

これにより、他社での利用で滞納を行った場合には、情報を共有していることから利用停止などの処置が取られることになり、信用を失います。このような事態を避けるためにも、真面目に支払いを行う事が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ