信用照会システムによるクレジットカードの利用に関する信用

信用照会とは、消費者信用産業にて融資を行う金融機関が、顧客に対して信頼できるのかどうかを調べるために行う事です。過去に他の金融機関から融資を受けていた場合には、個人信用情報機関にて情報が記録されており、過去の取引において返済をきちんと行っていたのか、自己破産をしてないのかなどを調べることになります。

クレジットカードや消費者金融、販売信用などでは申込時に行う審査の一部でも信用照会が行われており、過去に滞納や自己破産などの金融事故を引き起こしていた場合には信頼が出来ないので、申し込み自体を拒否する事が可能なのです。

また、クレジットカードでは加盟店側も顧客が提示するクレジットカードが正規に利用できるものなのかを信用承認にかける必要があります。オンライン通信によって接続された加盟店側の機器にクレジットカードを通すことで、クレジットカード会社が所有している承認システムにて利用できるのかどうかを判定してもらわなければいけません。

これにより、盗難や紛失によって第三者が拾得したクレジットカードによる不正利用を事前に防ぐ事が可能になり、また支払いの滞納などによって使用停止されているクレジットカードの利用も行えないので、加盟店側としても支払い能力がない顧客からの利用を防いで商品を引き渡すリスクを軽減できるのです。

このように、消費者信用産業は顧客の信頼によって成り立っており、リスクを軽減させるためにシステムを使った判断を行っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ