信用調査機関を利用して顧客の信用を確かめること

信用調査機関とは、消費者信用ビジネスにおいて、顧客個人の信頼情報を管理している機関のことです。大きくはCIC、日本信用情報機構、全国銀行個人信用センターの3種類に分かれており、クレジットカード会社や消費者金融、割賦販売を行う信販会社などはこれらを利用して顧客の信頼情報を確認することになります。

過去に支払いの滞納や自己破産を行ったなどの支払い事故のデータも管理されており、新しくクレジットカードを申し込んだり、消費者金融から融資を受けたりする場合には、申し込みの段階で信用調査機関のデータベースに照合が行われます。

ここで過去に金融事故を引き起こした事が調査で分かれば、信用が出来ない人間だと判断され、金融機関は申し込みの段階で融資に対するリスクを回避することが可能です。

また、消費者金融などで行われているスピード審査もこのデータベースの照合だけで判断をしており、過去に支払い事故を引き起こした事が無ければ審査をクリアすることが出来ます。

審査をクリアしてクレジットカードや融資を利用している最中であっても、定期的に信用調査機関のデータベースを通して他社の返済状況などを確認することが可能です。

もし、1社で返済不能に陥った際には二次被害を回避するために他社とも連動しており、他のクレジットカード会社や消費者金融からの融資もストップしてしまう仕組みになります。これらのトラブルを避けるためにも、きちんとした返済を行う事が重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ