信用保証を行ってもらう事で融資を受ける中小企業

信用保証とは、信頼できない相手を信頼しても大丈夫だと保証することで、主に日本全国にある信用保証協会が業務として請け負っています。新興企業や個人事業主などが融資を受けようとする際、銀行などの金融機関に融資の申し込みを行いますが、過去の実績などがないので金融機関では判断しにくいものになります。

そのため、申し込み自体を却下されることがあるので、融資を受ける新興企業や個人事業主の代わりに、信用保証協会が信頼出来ると保証することで、過去の実績が無くても、銀行などの融資機関から融資を受けることが可能になるのです。

もし、支払い不能に陥って債務不履行になった場合には、保証人である協会が被ることになるので、協会に保証人となってもらうためにも、信用できるのかどうか審査が必要になっています。

特に、資金調達が行いにくい中小企業などが行っているケースが多いでしょう。もし、債務不履行に陥った場合には、協会が加入している中小企業信用保険から負担することになります。このように中小企業の資金調達がスムーズになり、地方経済を助ける役割も担っており、協会の主な収入源は、中小企業が依頼した際に発生する信用保険料です。

これらの保険料は、債務履行になった際にも使われます。
ある程度の信頼を得ていくようになれば、保険料の割引を受ける事も可能です。お互いに有効な関係を築くことで会社運営を手助けし、中小企業を支える基盤になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ