スイッチカードによる公共料金の支払いでお得に使うこととは

スイッチカードとは、東京電力が発行するクレジットカードの事です。特徴としては、公共料金の支払いに特化したポイントがあります。公共料金の支払いの際にスイッチカードを指定しておけば優遇が行われ、通常の2倍のポイントが付与されることになります。

貯まったポイントはANAのマイルや旅行会社のJTB、伊勢丹、高島屋、東急、三越などの百貨店のポイントに交換することが可能であり、公共料金の支払いでお得に利用することができるのです。

東京電力が発行していたことにより、一般カードでも1,050円の年会費が発生していましたが、東京電力の電気料金の支払いを行っていれば、年会費を無料にすることが可能です。また、オール電化を導入することにより、ポイントが4倍になる仕組みなども特徴の一つです。

しかし、現在では東北地方太平洋沖地震により、新規入会申し込みの受付が終了しており、新しくスイッチカードの申し込みを行うことが出来なくなってしまいました。これにより、既に申し込みが終えている既存の利用者のみが利用できるクレジットカードサービスになります。

また、既存の利用者向けのサービスとしても、オール電化の導入によるポイント4倍のサービスなども終了しており、公共料金の支払いによるポイント2倍だけが、このクレジットカードの特徴となってしまいました。また、東京電力管轄での利用者しかいなかったため、全国的にも利用者が少ないという一面がありました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ