スウィングローンによる住宅ローンのつなぎ融資とは

スウィングローンとは、住宅や不動産などを買い替えする場合に、所有している物件が売れるまでの間のつなぎ融資のことを指します。買い替えローンとも呼ばれているもので、住宅ローンを利用して不動産の購入を行った際に、のちに別の不動産への買い換えが必要な時に発生します。

住宅の買い替えを機に、融資先である銀行を変えることも可能です。各銀行では買い替えローンを提供しており、消費者は金利が低く設定されている銀行などを選択します。新規で住宅を購入した際には、新しく住宅ローンを組むことになります。

過去に購入した住宅を売った場合には、売れた金額分がマイナスとなりますが、それでも残金が残る場合には、一緒に新規の住宅ローンに残存額が加算されることになるのです。そのため、金利なども同じ設定が行われることになり、以前の融資先の銀行を変更することで金利を低く設定することも可能です。

これらのサービスは消費者信用システムによる融資サービスであり、申し込む際には審査に通過しなければなりません。銀行がサービスの対象者とする条件をクリアする必要があり、気軽に融資を受けられるものではありません。

クレジットカードや消費者金融と同様に顧客の信用が重視されるので、過去に支払いの滞納や自己破産などをしていた場合には、審査をクリアする事すら難しく、安定した収入状況や返済不能に陥った際に、担保になる財産を所有していることが審査の判断基準になるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ