スキップによるクレジットの支払いを飛ばすと言うこと

スキップとは、クレジットカードの支払い日を飛ばすことが出来る支払い方法のことで、クレジットカード会社によっては名称などが異なります。クレジットカードは通常、締め日までに利用した金額を、翌月の請求日に支払いを行わないといけませんが、スキップ払いを選ぶと最長で6ヶ月先まで支払い日を設定することが可能になるのです。

そのため、翌月や翌々月などに支払う余裕がない場合には、収入が見込める月を選ぶことで返済を行う事が出来ます。

ボーナス払いなども夏と冬のボーナス時期に支払う方法になり、商品を購入したり、サービスを受けたりした後で支払いを先延ばしにする観点で言えば、同じ効果があります。スキップ払いには、顧客側が自由に選択することが出来る権利があるので、支払いが可能な翌々月に設定するなどといった利便性の良さがあるのです。

クレジットカード以外では、消費者金融や割賦販売などでも適用される支払い方法です。長期的に返済を行うローンサービスでは、支払開始時期を設定し、当日や翌月に返済資金がなかったとしても、収入を得ているであろう時期に設定をすることで、高額商品の購入や自動車学校などのローンサービスを受ける事が可能になります。

特に、就職に必要な資格取得のサービスを行う業者などでは、提携信販会社からこのようなサービスが提供されていることにより、利用者が気軽に利用してもらう狙いはもちろん、顧客側も就職をした際に返済がスタートをした方が楽になる一面があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ