スキップトレーサーと呼ばれる債務の取り立て業者

スキップトレーサーとは、クレジットカードや消費者金融、販売信用、銀行のローンサービスなどを融資を受けた債務者が行方不明になった場合に、その債務者を追跡して発見する役割を持つ人たちの事です。

債務を踏み倒して行方不明になる傾向としては、夜逃げが挙げられます。消費者金融などの厳しい取り立てから逃れたい、借金の返済が支払えない、経営していた会社が倒産して多額の債務を背負ったなど、理由はさまざまで、周辺の人に何も告げずに必要最低限な物だけを持ちだして行方をくらまします。

夜逃げ屋と呼ばれる夜逃げに関するプロフェッショナルな業者もいて、スキップトレーサーからの追跡を逃れる術などを駆使して、債務者の逃亡を手助けします。主に、探偵業や行政書士などの資格を持つ者が、法律に触れない範囲で行っているので問題はありませんが、引っ越しを行う場合には運送免許がないと法律に違法してしまいます。

そのような債務者を追跡して取り立てを行う業務がスキップトレーサーであり、債務者の周辺情報から市役所の移転届けなどの情報を元に追跡を行います。
もし、夜逃げを行ったとしても借金の時効は5年間と定められており、5年間逃げ延びれば借金が消える訳ではありません。

金融機関は裁判所を通して時効の停止を行うので、夜逃げを行っている最中は時効のカウントは動かないことになります。これにより、夜逃げを行ったとしてもメリットは少なく、債務整理や任意調停、自己破産などを行う事で借金問題を解決する方が良いのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ