スポンサーによる広告戦略とクレジットカード

スポンサーとは広告主のことであり、テレビやスポーツなどで融資を行う代わりに、広告を行う立場の企業を指します。これにより、テレビ番組の制作費を集めることが可能であり、代わりにCMを挿入できる仕組みになります。

スポーツではチームの運営費などに割り振られており、人々が注目するスポーツ選手を自社のCMに登場させたり、ユニフォームに会社のロゴを印刷することで、広告を行います。
クレジットカード会社などもスポンサーとして行動しており、テレビ番組やCMなどに提供を行う事で、顧客に対して広告活動を展開しています。

また、インターネットのスポンサードサーチにてホームページ上で広告を出稿する事で、インターネット系クレジットカードの宣伝を行っているのです。
多くはアフィリエイトによるものが多いので、アフィリエイトによる契約が成功すれば、ホームページの運営側に成功報酬が支払われる仕組みです。

数あるアフィリエイトの中でも、クレジットカードの契約に関する成功報酬は高額となっています。通信販売の広告などもありますが、報酬が微々たるものになるので、多くの人がクレジットカードにまつわるホームページを開設し、スポンサードサーチの契約を行う事で、高額報酬を狙ったホームページが多く登場しました。

そのため、インターネットを中心とした広告展開が多く、テレビCMや雑誌の広告などではインターネットを使わない人向けにアピールが行われているという状況があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ