スリーCと呼ばれるクレジットカードの審査基準について

スリーCとは、クレジットカードに申し込む際に審査の評価対象となる、Capacity(資力)、Character(性格)、Capital(資産)の事です。資力は返済能力を意味し、月にどの程度の収入があるのか、どこの会社に勤めていて収入はどの程度あるのかを判断されます。

これにより、大手企業に勤めている場合には安定した収入が見込めるので、与信枠を多めに設定されますが、逆にアルバイトや派遣社員などといった不安定な雇用状態が予想される場合には、高額融資のリスクの懸念から与信枠が低く見積もられます。

性格は顧客の返済に対する態度のことであり、支払日にきちんと返済を行ってくれるのか、過去に滞納を行っていないのかなどが判断されます。個人信用情報機関を利用することで、過去に他社での返済状況を確認することが可能であり、ここで問題が無かったのかをチェックします。

これは初回与信と途上与信の2つの審査方法があり、初回与信は申込時の状況で判断されますが、途上与信では利用開始後の返済態度や利用状況などがモニタリングされるのです。これにより、支払いをきちんと行っていれば信用が生まれるので、クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠が拡張されます。

逆に支払いの滞納などが目立てば信用を失い、与信枠の縮小や最悪の場合には強制解約が行われます。
資産は顧客が所有する財産のことで、支払い不能に陥った際には財産を担保にして返済を行う事になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ