クレジットカードの請求期間と支払いに関する対応とは

請求期間とは、クレジットカードの支払いを請求する期間のことです。多くのクレジットカードでは、銀行口座から直接引き落とすので支払い日の設定が行われていますが、コンビニ払いで設定している場合には、振込用紙が到着してから入金最終日までに支払いを行わないといけないので、これが請求期間になります。

支払う金額の計算方法としては、各クレジットカード会社が設定した締め日によって異なっています。例えば、15日が締め日に設定されている場合には、先月の16日から今月の15日までに利用した金額が翌月に請求されることになります。

そのため、14日に利用した金額は翌月に請求されますが、16日に利用した金額は翌々月に請求が行われるのです。支払う期間を長くする場合には、締め日の翌日に利用した方がお得なケースもあり、また締め日を挟むことで利用料金の支払いを分けることも可能です。これは支払い猶予期間と呼ばれるテクニックです。

クレジットカードで高額商品の分割購入などを行っている場合には、毎月の支払日に決められた金額が請求されるので、支払い猶予期間を利用することが出来ません。しかし、早期返済を行えば金利を抑えることが可能であり、クレジットカード会社に連絡を行って、支払い回数を少なくすることが可能です。

クレジットカードの返済に関してはこのような仕組みになっており、返済の余裕が無い場合は連絡を行って、期間の延長などを行う事が出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ