簡単に清算を行う事が出来るクレジットカードの危険性

クレジットカードは、商品の購入やサービスを受けた際に代金を支払う清算手段の一つであり、現金を持ち合わせていなくても、1枚のクレジットカードがあれば清算することが可能です。これにより、キャッシュレスという買い物の仕方が誕生しており、代金に関しては後日、支払日にて利用した金額をまとめて支払う事になります。

この清算手段により、現金を持ち歩かなくて良いメリットが生まれ、インターネットを利用した電子決済でも、直接現金による支払いが行えないことから、気軽に利用できる支払い手段としても利用されています。しかし、メリットだけではなく、それと同時にデメリットも生まれました。それがセキュリティの問題です。

クレジットカードを所有していれば支払いは可能になるのですが、第三者が不正に取得してしまった場合でも、利用されてしまう危険性が生まれました。クレジットカードの盗難や紛失などで、悪意のある第三者が不正利用を行ってしまうこともあります。

そのため、紛失に気づいた場合にはすぐにクレジットカード会社に連絡を行う事で、利用停止をしてもらわなければなりません。

また、インターネット上ではクレジットカードの番号だけで商品の購入を行う事が出来るので、番号だけを盗み取る犯罪なども横行しています。クレジットカード本体が盗難されることが無いので、非常に気づきにくい犯罪であり、パソコンやスマートフォンなどのセキュリティ面での向上を行わないといけません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ