セールスファイナンスによる高額商品の購入システムとは

セールスファイナンスとは販売信用とも呼ばれており、商品を購入する際に店舗側や店舗と提携を結んでいる信販会社が、商品の代金を貸し付ける事で商品を購入しやすくするサービスのことです。

特に自動車や家電量販店での高額商品を販売している店舗などで導入が行われており、購入者は割賦による支払いによって、長期的に毎月の支払いが発生することになりますが、一括購入で大金を支払うよりも余裕を持って購入することが可能です。

商品代金を貸し付ける債権者は商品を販売する店舗によって異なっており、小さな店などでは提携を行っている信販会社が行っていますが、大きな店などになると店舗を展開している企業が自ら債権者になることもあります。販売信用を導入することで商品が購入しやすくなり、購入率がアップする狙いもあるようです。

しかし、分割での購入を行う際に発生する利息による収益があるので、販売店自らが債権者になるケースが多いわけです。
セールスファイナンスを受ける場合には消費者信用システムによる融資になるので、クレジットカードや消費者金融などと同様に無担保での融資になります。

そのため、信用問題が重要で、審査が必要になるのです。過去にクレジットカードや消費者金融などで支払いの滞納をしたり、自己破産まで追い込まれたりするなどの金融事故を引き起こしていない場合には、審査は比較的通りやすくなっており、高額な買い物が可能で、毎月の支払いで返済を行っていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ