接触型スマートカードと呼ばれるクレジットカードの利便性

接触型スマートカードとは、磁気ストライプやICチップなどを搭載することで、1枚で複数の機能を持たせたモデルになります。

銀行が発行するクレジットカードにはデビット機能やキャッシュ機能が搭載されているので、これが該当し、1枚で商品を購入する際にはクレジット、デビット、ATMやキャッシュディスペンサーを利用すれば現金を引き出すことが可能です。

最近では非接触型スマートカードが登場しており、読み取り機に通した際にICチップや磁気ストライプなどの記録領域に接触を行うのかどうかが、主な違いです。
昨今では、フェリカやNFCなどの非接触型ICチップが登場したことにより、読み取り機にかざすだけで利用できるようになりました。

こちらの場合には、電子マネーや電車やバスなどの公共交通機関を利用する際のIC乗車券などに搭載されており、わざわざカードリーダーに差し込まなくても利用できる事から、スムーズな認識を行う事で決済や改札口の入退場を行う事が可能です。

最近では、両方の機能を兼ね備えたクレジットカードも登場してきました。接触型としてクレジットカードの利用を可能としながらも、非接触型ICチップを搭載しているので、電子マネーやIC乗車券など目的に合わせて1枚で使い分ける事が可能になっています。

このような多機能性を持たせることで、他社のクレジットカードとの差別化を行っており、利用者も目的に合わせて選ぶことで利便性が向上します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ