全国銀行協会個人信用情報センターによる個人信用の確認

全国銀行協会個人信用情報センターとは、個人信用情報機関の一つで、全国銀行協会によって運営が行われています。全国の銀行で展開されているローンサービスの取引データを管理している機関で、個人情報から返済状況までをデータベースに集約しています。

銀行での融資を求める顧客がいる場合には、信頼できる人間なのかを判断するために、データベースに記録されているデータを参照することで、信頼を確認することが可能となるのです。

個人信用情報機関は、他にもクレジットカード会社や消費者金融が利用する日本クレジット産業協会、全国信用情報センターと大きく3つの組織に分かれており、定期的に開催される三情報機関連絡協議会によってデータベースの共有が行われています。

これにより、銀行の利用客のデータからクレジットカードや消費者金融、信販会社などのデータが混じり合うことで、より一層信用が出来るデータベースを構築しています。クレジットカードの申し込みの際には、銀行や信販会社のデータも参照することで、顧客が果たして信頼できる人間なのかを確認することが可能になりました。

クレジットカードや消費者金融、販売信用、銀行のローンサービスなどは、顧客の信頼を担保に融資を行うサービスになるので、このような個人信用情報機関の存在が重要視されています。過去に金融事故を引き起こした顧客を、申し込みの時点でデータを仕入れることで事前に拒否し、融資リスクを軽減させなければならないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ