全国消費生活相談員協会による悪徳業者から消費者を守ること

全国消費生活相談員協会とは、現代の消費社会に対して消費者の買い物に対する認識を深める啓発活動を行っています。また、企業とのトラブルが発生した際には、ここへ相談をすれば、消費者団体訴訟を行う事が出来、悪徳業者などから消費者を守るための、内閣府所管の社団法人になります。

啓発活動として各種の講座を開いており、高齢者を狙った悪質な商法などに巻き込まれないために対策を講じています。また、消費生活専門相談員を育成することで、全国にある国民生活センターの相談員として買い物に関するトラブルの解決などを手助けしてくれるのです。

消費者団体訴訟制度に関しては、利用者の利益を守るために内閣総理大臣が認めた適格消費者団体として、事業者が行っている不当な行為に対して差し止め請求権を認めます。これにより、悪徳業者などを法的に追い込むことが可能であり、事業者が本来悪意が持たない場合でもトラブルを解消させることを要求できるのです。

このような活動を行う事で、悪徳業者に関する相談の対応なども変化するもので、相談内容によっては事前にトラブルを避けるアドバイスなどを行う事で、多数の消費者の被害を未然に防止し、拡大防止を図ることが目的になります。

全国で展開をする消費生活センターと比較しても東京に本部、関西に事業所を構えているので、地方の人が利用しにくい組織とは言えます。しかし、インターネットや電話を使った相談には対応しているので、トラブルに遭遇した場合には連絡を行いましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ