早期返済による金利を安く抑える事について

早期返済とは、クレジットカードで分割払いやリボルビング払いを行っている際に早期に返済を行う事であり、クレジットカード会社に連絡を行って返済の先払いを行う事が出来ます。これは繰り上げ返済とも呼ばれるものです。

メリットとしては金利を安くすることが可能になり、融資を行っている日数によって金利の計算が行われます。例えば、24回の分割払いと12回の分割払いとでは金利の割合が異なっており、回数が多い24回払いの方が金利が大きく設定されています。

そのため、12回払いの方がトータルで支払う金額が少ないのですが、毎月の支払い額自体は12回払いの方が商品代金を12で分けられているので、多くなっています。毎月の余裕の事を考えて24回払いに設定していたとしても、余裕が感じられるのであれば、クレジットカード会社に連絡を行って支払い回数を早めにすると、金利を抑えることが可能になるのです。

このような繰り上げ返済はクレジットカード会社によって異なっており、先に一部の金額を返済すること、つまり20万円の買い物を行って最初の月に10万円だけを返済して、残りの10万円を分割するといった使い方などが行えません。

クレジットカード以外にも消費者金融や住宅ローンなどで利用されている返済方法であり、特に住宅などの高額な融資になれば長期的に返済を行う事になるので、金利の割合なども大きくなってしまいます。そのため、繰り上げ返済によって金利を抑えるわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ