総合クレジット業務を行う企業のビジネスとは

総合クレジットとは、あらゆるタイプの消費者信用業務を行っている業種のことです。クレジットカードの発行からクレジットカードの代理発行、消費者金融、ローンサービス、リース、レンタル、ファクタリング、割賦販売などを取り扱っており、1社で幅広い消費者信用システムを使ったビジネスを行っています。

現在の消費者信用産業に関しては、1社で複数のサービスを提供している金融機関も数多く存在しています。アコムでは消費者金融をメインにクレジットカードの発行を行っていれば、クレディセゾンではクレジットカードから割賦販売、リースなどを手がけています。

組織が大きい会社ほど、総合的に消費者信用ビジネスの展開を行っており、様々な店舗や場所などで目にすることが多いです。
クレジットカードの代理発行は提携カードと呼ばれているもので、クレジットカードを発行する能力が無い企業の代わりに発行を行うものです。

また、その企業が運営することが出来ない場合には、集金業務や明細書の発行などを行ってくれるので、小さなベンチャー企業から、大学、地域の自治体などが提携を結ぶことで、独自のサービスを展開することが可能になるわけです。

これにより、ポイントサービスの管理だけを行えば良いので、提携を結んでいる企業や自治体には活性化のために気軽に導入することが可能であり、最近ではアニメーション作品との提携などといった、ファンサービスの一環として作られるモデルなども登場しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ