直接経費の算出方法とクレジットカードを利用した企業の経費計算

直接経費とは、企業がビジネスを行うために発生したその事業に該当する経費のことであり、逆に事業に発した経費が他の事業の経費と被って発し、分類することが出来ないものを間接経費と呼んでいます。これにより、会社が負担するビジネスのために発生した経費は2種類あることになります。

このようなビジネス上で発生した費用に関しては経理担当が処理することになるので、負担を軽減させるためにクレジットカードの導入が行われています。ビジネスカードやコーポレートカードと呼ばれる、会社に向けて発行されるクレジットカードは、社員1人1人に発行されます。

請求先は会社宛てになるので、ビジネス上で発生した費用をこのクレジットカードで決済を行えば、後日会社に請求が行われた際に誰がどのような目的で、どこで利用したのかを簡単に把握することが可能になりました。これにより、直接経費などの分別も簡単になり、経理担当の負担を一気に軽減させることが出来ます。

クレジットカード自体は会社に向けて発行されるので、所有する社員が過去に金融事故を引き起こしてプライベートでクレジットカードの申し込みが出来ない場合などにも審査が通ることは問題にはなりません。

また、プライベートで利用してしまえば、会社の経理担当者が利用状況を把握しているので、問い詰められる恐れもあるでしょう。あくまでもビジネス上で利用するものになり、社員証などに搭載されている会社などもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ