賃貸借契約による物の貸出のルールの違いとクレジット

賃貸借契約とは、貸し主から特定の物を借りる際に、借り主が賃金を支払うことを成立させた内容になります。主に2種類が存在しており、使用賃借契約ではレンタカーやレンタルビデオ、賃貸アパートなどを借りる場合の契約であり、借り出される物を借りる金額を支払うことで、物を利用する権利を得ることが出来ます。

使用しなくなった場合には、物自体が借り出された状態で返却を行います。
例えば、レンタカーで事故を引き起こしたり、アパートで壁を破損させたりする場合などには、申し込みの際に交わした規約に沿って弁償を行う必要があります。

消費賃借契約では、消費する物を借り出されるので、借り出された物を返却するよりも、同等の価値のある同じ現金を返却しなければいけません。消費者信用などの融資もこれに該当し、現金を借りる場合には返済時には借りた金額を返済しなければいけないわけです。

このようにして、企業から何かしらを借りる際には2つの契約に分類されており、消費賃貸契約は主に現金の融資などが該当するので、一般的なレンタルでは使用賃借契約が使われていることになります。

これにより、借りることでトラブルが発生した際の責任や対応などが異なっており、現金を融資してもらう場合には顧客の信用を担保に融資を行うので、審査が必要になるのです。収入状況から返済能力、信用問題に所有している財産の状況などが一通りに調べられることで利用することが可能になり、クレジットカードや消費者金融などもこれに該当します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ