通貨オプション取引利用による外国為替の安定

通貨オプション取引とは、外国為替における先物取引のことです。事前に決めていた期間内に定めた価格で特定の資産の売買を実施する選択権利であり、為替変動が発生したとしても事前に決めていた価格にて売買を行う事が出来ます。買う権利のことをコールオプション、売る権利のことをプットオプションと呼んでいます。

1980年代からマーケットにて利用されており、特に外国為替のやりとりにおいて事前に価格を決めて売買を行うので、常に変動する価格に左右されないというメリットがあります。

例えば、所有しているドルを円に換金する際に、事前に取引に決めていた日に円安ドル高になれば、換金する円の価値が急落してしまうので損をしてしまいますが、事前に決めていた売値で取引を行うので、円の価値が急落したとしても安心して取引を行う事が可能になるわけです。

これにより、為替変動のリスク回避が可能であり、主に商品の輸出、輸入を行う際には取引の商品の価格が変動してしまうことから、安定した価格での購入を行う事が出来ません。そのため、通貨オプション取引を利用することで、安定した価格での商品の仕入れを可能としています。

為替先物予約との大きな違いがあります。為替を安定した金額で売る権利、買う権利が発生するだけで、為替先物予約ではあらかじめ決められた金額で通貨を売買する義務が発生しますが、通貨オプションでは権利だけが発生するので、通貨の売買の義務が発生しないという特徴があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ