通貨価値による商品価格の変動と利益を生む方法

通貨価値とは、世界各国が発行する紙幣通貨の価値の事で、各国の経済状況によって変動するものです。例えば、円安ドル高では、通常の取引では1ドル=100円で取引されていたものが、1ドル=80円で取引されるようになった場合を言います。

1ドルに対しての円の価値が安くなるので、外国から輸入された商品などは安く購入することが可能ですが、日本の商品を海外で販売する際には価格が高くなってしまうので、外国の製品は日本人が購入しやすくなる一方で、日本の商品が外国では売れなくなってしまうという状況になります。

逆に、円高ドル安の際には、日本国内での外国商品の価格は向上してしまいますが、日本の商品が外国では安く販売されるので、外国市場で展開を行う企業などは商品が売れやすくなります。このように通貨価値によってそれぞれの国の客に向けての商品価格まで変動するもので、企業側からしてみれば安定した通貨変動が望ましいと言えます。

この変動を利用して利益を生むことも可能で、1ドル=80円の時にドルに換金を行い、1ドル=120円の時に円に換金することで40円の利益を生むことが出来ます。これは外国為替証拠金取引と呼ばれており、通常ではFXと呼ばれています。

特に通貨価値の変動が大きいヨーロッパ圏の通貨に交換する事で利益を生むFXトレーダーなる職業まで登場しており、当然ながらリスクを負う可能性も潜んでいますが、少ない資金で取引が行えるので、人気のある資金調達法です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ