通貨管理による経済バランスの調整とは何か

通貨管理とは、世界各国の中央銀行などが物価の安定、経済成長、完全雇用などの政策目標に沿って紙幣通貨の発行を行う事で、出来るだけ為替変動を起こさないために慎重なバランス調整が行われています。特にインフレ状態やデフレ状態の際には、経済状況と流通している紙幣のバランス調整が必要です。

紙幣通貨の発行数が多くなってしまえば、紙幣通貨の価値自体が暴落してしまうので、インフレ状態が発生し、逆にあまり発行しなかった場合には紙幣通貨の価値が向上してしまうので、商品が購入されにくいデフレ状態が発生してしまいます。

もし、バランスが崩壊してしまえばハイパーインフレ、ハイパーデフレ状態となってしまい、その国の経済に混乱をもたらすことになります。経済大国である日本やアメリカ、中国、ドイツなどでは、流通紙幣のバランスが重要視されており、一度でもバランスを崩してしまうと取引を行っている他の国への影響も懸念されます。

過去に発生したリーマンショックもアメリカの経済バランスを崩したものであり、日本への影響を大きく与えることになりました。これにより、企業側は経済バランスの崩壊で自分たちの資本金などを守る姿勢に移るので、経済が回らなくなってしまうわけです。

このような自体を避けるために、中央銀行が国の動向を見ながら紙幣通貨の発行を行っており、特に外国への輸出をメインとしている企業などには直接的な影響があるので、管理通貨制度の必要性などが提唱されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ