通貨変動による外国為替の変動の原因とバランス調整の必要性

通貨変動とは、外国為替において世界各国の経済状況の変化に応じて金銭の価値が変わってしまうことです。特に国のデフレ状態、インフレ状態などに左右されており、インフレ状態の場合には通貨価値が商品価値よりも上がってしまうことで、主に紙幣通貨の量が発行しすぎたことによって、紙幣通貨の価値が下がってしまう現象です。

これにより、国によっては紙幣価値が下がってしまったことで、商品の購入などの際には膨大な桁の金銭を持ち歩く羽目になってしまうのです。

新興国などでは、このような経済バランスの調整の不具合によってバランスが崩壊してしまいますが、日本やアメリカ、ドイツなどの経済大国でこのようなバランス崩壊をしてしまえば、連鎖的に各国への影響を及ぼす恐れがあるので、中央銀行などの金融機関がバランスを取らなくてはなりません。

しかし、多少の変動は見られるものであり、円安ドル高などの状態も生まれることがあります。これはドルに対して円の価値が低い場合であり、日本でアメリカの商品を売る場合には安く仕入れることが可能ですが、逆にアメリカで日本の商品を売る場合には高くなってしまうので購入されにくくなってしまうわけです。

これにより、外国市場に参入している企業などは商品が売れない状態になってしまいます。逆に、円高ドル安の場合には日本でのアメリカ商品の価値が上がってしまいますが、外国市場での日本製商品は安いので売れやすくなります。このように、通貨変動によって売買する品物まで左右させてしまうわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ