ツーCと呼ばれる消費者信用ビジネスの判断基準

ツーCとは、消費者信用ビジネスにおいて顧客の与信基準を評価する際の2つの必須事項の事です。同様にスリーCと呼ばれる評価基準も存在しており、Capacity(資力)、Character(性格)、Capital(資産)の3つの評価の頭文字にCが来ることから、そのように呼ばれています。

ツーCでは、スリーCからCapacityを取り除いたCharacterとCapitalの2つだけの評価にて、与信基準を決める事になります。
Characterは人間の性格や人格を意味する言葉で、消費者信用ビジネスでは信用に関する評価を行うことです。

例えば、融資を決定した際に返済の滞納が目立ち、消費者金融の使いすぎによって債務不履行に陥る場合などが発生すれば、融資を行った現金の回収すら出来なくなってしまいます。そのため、申し込みの段階で審査を行い、個人信用情報機関を利用して申込者の過去の融資状況を調べることになるのです。

そこで、他社での返済状況や現在抱えている債務の状況を把握することで、審査の有無を始め、与信枠の設定が行われます。
Capitalは申込者が所有してる資産のことであり、不動産から所有している有価証券などが該当します。

もし、返済不能になった場合には、仮差し押さえで所有している財産を押さえることで、融資を行った元金の回収を行う事が可能になります。これにより、収入状態や返済能力を判断せずとも融資回収を行う財産を把握しておくわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ