クレジットカードにおける通達の重要性とは

クレジットカードにおける通達とは、利用者とクレジットカード会社がお互いに知らせる情報を報告することです。

例えば、利用者からクレジットカード会社に知らせる通達としては、クレジットカードの紛失や盗難、インターネットによる被害によりクレジットカードの情報が抜き取られた場合など、緊急にクレジットカードのサービスを停止してもらう場合であり、再発行の手続きを行う事で、犯罪から身を守ることになります。

また、クレジットカード会社から利用者に向けての通達としては、不正利用関連であれば会社の監視システムで不正利用が行われているのではないのかと検出した際に、本人が使用しているのかを確認するために行います。

それ以外には、サービスの変更が行われたり、金融機関によっては利用毎にその金額や日にちなどをメールで通知することで、利用金額を認識させるなど、様々なサービスが行われています。

支払いの滞納などによって強制解約が行われた際にも、手紙による通知が送られる場合もあり、この通知により強制解約が行われた事を顧客に知ってもらう役割があります。金融機関によっては強制解約の通知を行わない場合もあり、気がつけば使用できなくなっていたというパターンなどもあるのです。

あまり使用してない場合でも、強制解約を行う金融機関や更新の手続きの通知を行う金融機関などがあるので、対応などはそれぞれの金融機関によって異なっており、必ずしも顧客に知らせたい情報が届くわけではありません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ