通知預金を利用した金利による利益回収とは

通知預金とは、銀行や信用金庫、信用組合などで行われている預金サービスの一種です。普通預金よりも金利が高く設定されているので、預ける金額に応じて利益を多く発生させることが出来ます。

しかし、預けておく期間が決められており、預けた後は最低でも7日間は据え置かなければならず、また、引き出す際には金融機関に2日前に引き出すことを通知しなくてはなりません。銀行側からしてみれば、長期的に預けてもらう事で安定した資金投資を行えるメリットがあります。

個人でも企業でも利用することが出来ますが、将来的に決まった目的で使う現金がある企業が利用しており、例えば1ヶ月後に商品を仕入れる金額として用意をしているが、1ヶ月間は利用することが無いために通知預金に預けておくことで、多くの金利を獲得しようという使い方が一般的になります。

個人の利用の場合には、決まった使い道よりも必要に応じて引き出す場合が多いでしょう。急に必要になった場合でも、2日前に通知を行う必要があるので、あまり現実的な使い方が行えないことから、金利が低い普通預金口座を利用する人がほとんどです。

また、金融機関によっては最低預金額が設定されており、決められた期間内に解約を行ってしまえば普通銀行と変わらない金利しか発生しない事になるので、注意が必要です。リスク面としては金融機関の倒産であり、もし、預けている際に金融機関が倒産してしまえば、返金すらしてもらえずに回収することが出来なくなります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ