月掛金によるクレジットカードの支払い方法とは

月掛金とは、毎月支払いが発生する支払い方法です。主に保険料や商品購入やサービスの積立金から、分割による割賦販売による商品代金の一部やキャッシングローンの返済などが該当します。

毎月一定額を支払うことで債務を解消するものから、長期的に利用するサービスなど毎月の支払いが発生するものの名称になっており、一般的には保険や共済などの支払いの事を指す言葉になっています。

様々なサービスで利用されている言葉にはなりますが、クレジットカードでは分割払いやキャッシングの利用によるリボルビング払いなどが該当し、一括で支払うよりも毎月に分割したことにより、支払いに対する負担の軽減などを行う事が可能になりました。

しかし、分割による支払いを行ってしまうと手数料が発生します。クレジットカードの分割払いを行う際には、3回払い以上から手数料が発生し、回数が多ければ一回当たりに支払う金額自体は少なくなりますが、手数料の割合が大きくなるので、最終的に支払ったトータルの金額を比較しても、3回払いよりも24回払いの方が大きくなってしまいます。

リボルビング払いを行った際にも一定の金額を毎月納めるだけで、利用元金の一部がスライドして翌月へと繰り越しになるので、翌月の利用額を減らさなければ、また一定金額を納めて、それ以上の金額が翌月へとスライドします。そのため、完済が行われない場合には永遠に支払い続ける事になるので、利息が膨れ上がって返済不能に陥る場合があるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ