月掛販売による高額商品の購入しやすい環境とは

月掛販売とは割賦販売の一つで、商品を購入する際に毎月一定の金額を支払い、目的の金額に達成すれば品物を受け取ることが出来る販売方法になります。
これにより、品物の支払いが比較的簡単になり、商品代金を事前に積み立てておくことで、一括での購入よりも経済的な負担が楽になるのです。

通常の割賦販売では後払いが採用されており、品物を購入して毎月の支払いが発生し、支払いが完了した際には商品の所有権を獲得することが出来ます。月掛販売との大きな違いとしては、品物やサービスをいつ手にするのかであり、一般的には前者の割賦販売での商品購入が多く利用されています。

割賦販売には主に2種類に分けられており、前払式割賦販売と前払式特定取引があります。顧客側からしてみれば利用するに当たっての違いはありません。

前払式割賦販売では業者自身が商品の販売を行いますが、前払式特定取引の場合には取次業者が入るので、顧客と販売店、顧客と取次業者と販売と2者間で取引を行うのか、3者間で取引を行うのかの違いが発生するわけです。

後払式の割賦販売でも同様のシステムが採用されており、2者間では顧客が販売店に直接支払う事になりますが、3者間では信販会社が間に入ってくるので、信販会社が商品代金を貸し付けて販売店で決済を行い、顧客が支払う相手としては信販会社になるわけです。

そのため、ミシンやピアノなどの高額商品では2者間のやりとりとなり、冠婚葬祭互助会やデパートの友の会などでは第三者が介入する3者間のやりとりになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ