付け買いによるクレジットカードの商品購入方法

付け買いとは、後払いで支払いを約束して商品を購入したり、サービスを利用したりすることです。主にクレジットカードでの支払いや割賦販売による契約、購入ローンサービスなどが該当します。

クレジットカードの場合には事前にクレジットカード会社と契約を行っているので、加盟店でクレジットカードを使った支払いを行えば、加盟店側は後日クレジットカード会社から代金が振り込まれ、クレジットカード会社は顧客から購入金額をまとめて請求することで、商品代金の精算を行います。

割賦販売や購入ローンサービスは、商品の購入やサービスを受ける前に支払いに関する契約を行う手段であり、現時点で支払う金額を持っていないことから、分割払いにて決済の手続きを行います。

これにより、高額商品や高額なサービスを受ける事が可能であり、あらかじめ決められていた回数に代金を分けることで、一括で代金を支払うよりも経済的な負担を軽減させることが可能になるのです。

これらのサービスは消費者信用を前提としたものになるので、契約を結ぶ前には審査が行われます。これは商品代金を立て替えて後日に回収する仕組みなので、きちんと返済をしてくれるのかが前提になるからです。

そのため、個人信用情報機関など、顧客が過去に融資を受けた際の返済状況などを確認して、評価をすることになります。もし、滞納が目立ち、信用が出来ないという評価が下されれば、付け買い自体を行うことが出来ませんが、きちんと返済を行っていれば審査をクリアする事が出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ