ディーラーと呼ばれる販売店の意味と割賦販売の仕組み

ディーラーとは特約販売店と呼ばれる販売店の事であり、メーカーから供給される商品を有利な条件で卸すことが可能になります。これにより、メーカーと店舗は全国的に安定した販売経路を築くことが出来るようになりました。

店舗はメーカーと特約店契約を結ぶことでディーラーになるわけであり、契約を結んだメーカーに保証金を預けることで、資金援助や新製品情報の入手を受ける事が出来ます。また、メーカー側のメリットとしても、希望小売価格を指示するなど有利な条件で商品を仕入れをさせることが可能です。

特にディーラーと呼ばれる店舗は、高額商品を取り扱う自動車販売店などで、自動車メーカーの看板を使った販売店が該当します。他社製品の取り扱いが出来ないというデメリットがあり、例えば、トヨタの販売店に日産の自動車を販売することが出来ないのはこの契約が原因となっています。

利用者が自動車販売店を利用する際に、高額商品なので一括での現金購入を行う人は少なく、販売信用による支払いが行われます。この際にメーカーとの繋がりから、自動車会社が行っているマイカーローンを受ける事になり、自動車を製造する会社は債権者になる仕組みが作られています。

これにより、自動車を比較的容易に購入しやすくなり、販売信用を行わない販売店では提携を結んでいる信販会社の割賦販売が提供されているので、顧客は店が指定しているローンを利用することで、高額商品を手に入れることが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ