低金利ローンのメリットとクレジットカードの低金利

低金利ローンとは、金利が低く設定されている状態の融資サービスのことです。金融機関などでも異なりますが、主に銀行のローンサービスが該当しており、クレジットカードや消費者金融などの貸金業と比較しても金利が低いので、返済額のトータルが低く抑えることが可能になります。

しかし、クレジットカードや消費者金融と比較しても審査が通りにくい一面があり、収入状況や財産状況、信用問題などが最も重視されるので、信用されている事を前提に低金利でローンを受ける事が可能です。

特にマイカーローンや教育ローン、住宅ローンなどの目的別ローンサービスではさらに低金利に設定されており、他の金融機関よりも比較的に利用しやすい金額と言えます。

クレジットカードでも低金利に設定されたモデルなどは登場しており、特に新興企業などでは利用者を増やす一環として、大手クレジットカード会社よりも低めに設定されていることが多いです。これにより、お得なクレジットカードとして知名度を上げることで、利用者の拡大を狙います。

通常の年利の設定としては18%が設定されており、信用を得ることで下げることが出来る下限金利も12%などに決められていることから、下げ幅は消費者金融と比較しても少なく設定されています。そのため、キャッシング目的でクレジットカードを所有する場合には、消費者金融の方がお得になるケースも珍しくはなく、ショッピング枠での利用を想定して使うものになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ