テイクワンシステムによるクレジットカードへの加入手段

テイクワンシステムとは、クレジットカードの申込者を増やすマーケティングの一種であり、入会申込書を人の集まりやすい場所に設置することで、興味を持ってもらう仕組みです。

ショッピングモールや百貨店などでは、客が必ず通る入り口に申し込みの場を設けており、担当スタッフがポイントが貯まるなどのメリット面を顧客に対して声をかけることで、契約数を伸ばしていきます。

一人一人に接客を行えば個別に対応を行うので成約率はアップしますが、広い範囲での宣伝を行う事が出来ないので、人が集まる場所にて大々的にアピールを行う事で、知ってもらう機会を増やしているのです。

ショッピングモールなどが発行する商業系クレジットカードなどは、このテイクワンシステムによって、入り口を通った顧客に対して認識させる事が出来るクレジットカードです。

これが商業系クレジットカードの強みになっており、他業種のクレジットカードの場合には、人が集まる商店街やインターネット上ではクレジットカードに興味を持つ人がよく利用するサイトなどに広告を出すことで、低コストで多くの人に知ってもらう宣伝を行っています。

テイクワンシステムは幅広い人に知ってもらう事が可能ですが、紹介する商品の細かな機能などを説明することが出来ないので、広く浅く行うマーケティング手法になっています。そのため、営業トークでは興味を持った人に細かく機能の説明を行う事が出来るので、双方のマーケティング手法を使い分ける事で契約数を増やすことが出来るのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ