提携カードによるクレジットカードサービスの違いとは

提携カードとは、クレジットカードを発行する能力がない企業が、発行会社と提携を行ってサービスを提供しているものです。主に百貨店やショッピングモールなどの商業系から、ガソリンスタンドやカーショップなどのドライバーズ系、インターネットサービスや携帯電話会社などのIT系、航空会社が行う航空系などがあります。

逆にクレジットカード発行会社が行っているものにはプロパーカードがあり、利用者によって特典で選ぶことになります。クレジットカードだけでもポイントやマイルが付与される特徴がありますが、条件に該当する利用方法を行えば、さらにお得が付与される仕組みです。

例えば、商業系を利用する場合には条件に該当する百貨店やショッピングモール、スーパーなどで利用すれば、ポイントが倍増される仕組みとなっており、航空系であれば、自社の飛行機を利用すればマイルが倍増されます。

また、特典以外に、サポートが充実しているクレジットカードも存在しています。ドライバーズ系であれば、自動車のドライバーに特化したロードサービスの提供などが行われており、運転中に自動車が停止してしまった場合には、コールセンターに問い合わせることで、サービスを受ける事が可能です。

また、年会費を払っている場合にはロードサービス代が発生しないケースもあり、各提携カードにはそれぞれの得意分野を生かしたサービスが充実しているのが特徴です。したがって、利用者はよく利用する企業やサービスなどで選ぶことになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ