定性分析による顧客の性格判断による与信枠の設定

定性分析とは、クレジットカード会社や消費者金融、販売信用など、顧客の信用を担保に融資を行う消費者信用産業の業者が、申込者に対して行う審査の一つです。申込者の性格に対する評価を行うものであり、消費者信用産業は顧客が返済をきちんと行ってくれる事を前提に融資を行っています。

そのため、きちんと返済してくれる人間なのかを評価することで、融資を行うのか行わないのかを判断するわけです。
判断する審査内容は、個人信用情報機関を通じて行われます。

これは、申込者が過去に他社のクレジットカードや消費者金融などを利用していた時代の記録が管理されており、過去の他社での返済状況などを参照することで信頼の評価を行います。

例えば、返済日を過ぎても滞納が目立っていたり、多数の金融機関から借り入れていたことによって多重債務に陥ってしまったなどの金融事故がある場合には信用することが出来ませんが、真面目に返済を行って、適度な利用が認められれば優良顧客として信頼が出来ると評価されるのです。

このようにして、顧客の性格を判断して審査を行っています。それと同時に、定量分析と呼ばれる収入状況や職業など返済能力があるのかなどの審査もあります。

これらを含めた上で、クレジットカードであればショッピング枠やキャッシング枠、消費者金融であればキャッシング枠、販売信用では貸し付けを行うのかという現金の融資をどれほどの額を設定すれば良いのかが判断され、審査をクリアする事で利用することが出来ます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ